初めてでも分かりやすい競売の流れ

競売といわれると不動産競売のことかと思いますが、オークションと言い換えると身近に感じる人はいると思います。

一般的にオークションというもは大手の検索サイトがやっているネットオークションを思い浮かべることでしょう。

私も商品をいかく安く手に入れるためにインターネットオークションを利用しています。

オークションの流れは、欲しいと思っている商品を入札するのですが、人気のある商品だと他の方が入札してしまい商品の値段が上がっていくのです。

オークションで手に入らないものないと言ってもいいかもしれません。

自動車、不動産、家電、商品券、本、玩具、食品、ジュエリー、ペット(金魚や昆虫類のみ)、ファッション系など多くは中古で出品されていることもありますが、中には新品を出品されていることがあります。

プレミア価格で非常に高い金額となっている商品などもあります。

インターネットで出来る競売はチャリティーで出品されている商品もあります。

芸能人、スポーツ選手が出品している非常に希少価値のあるものが出品されています。

オークションの流れは体験してしまえばなんてことも無いことなのですが、初めての場合は高額の商品を入札しないようにしましょう。

現在の競売はインターネットオークションが普及したことにより、私たち庶民にも競売というものが身近になったと思います。

オークションの簡単な流れは、欲しい商品があったら設定価格より少し高めの価格で入札していきます。

ここで気をつけてほしいことは1円単位で入札しないことです。

インターネットオークションで出品者としてやってきた経験から言わせてもらうと、1円単位だと非常に面倒臭いことになります。

例えば1000円の商品を入札するのに1円プラスして入札すると1001円となります。

出品者からしてみればせめて10円単位で釣り上げ欲しいものです。

出品者が設定している落札終了時刻に自分が最終入札者であれば、商品を落札することができます。

インターネットオークションでは落札終了したら出品者から支払い、商品の発送に関しての情報が送られてきます。

商品を落札した人に送るために住所が必要となります。

出来る事ならば、出品者から連絡がきたらすぐに返信してください。

インターネットオークションの基本的な流れを知っておきましょう。

オークションのマナーの事ならこちらのサイトがわかり易いです。

競売の一連の流れを把握する